妊娠線 予防

MENU

妊娠線の予防方法

妊娠線は、妊娠中のママの皮膚に現れる赤みをかすかに帯びた線のことを言います。
実はお腹だけでなく、おしりや胸、太ももなどにも出来ることがあるんですね。

 

 

そこで、妊娠線が出来ないようにする方法と、最小限にとどめる方法について、
いくつか見ていきましょう。

 

 

 

まず、「妊娠線」はどのような状況で出来やすいのでしょうか。
皮膚のつくりは、上からあげて表皮、真皮、皮下組織からできているんですね。

 

 

妊娠してから皮下組織にある、脂肪細胞が急に大きくなることによって、
表皮はある程度は伸びるものです。

 

 

しかし、皮下組織や真皮などはその伸長に対応しきれず、断裂してしまいます。
その結果、断裂した部分から毛細血管が見えてしまします。

 

それが稲妻に見えたりと、すいかの皮のような模様に見えるなどする訳ですね。

 

 

ただ、ここで注意していただきたいのは全ての方に妊娠線が出来る訳ではないということ。
全体の妊婦さんの7割くらいの人に出来るといわれています。

 

 

それ以外の方は、妊娠線が出来ずにお産を迎えることとなります。
では「出来ない人」「出来る人」の差は気になるところですよね。

 

 

妊娠線が出来るのは、お腹が急激に大きくなった時です。
大体の場合はお腹が大きく目立ち始める妊娠7ヶ月くらいです。

 

お腹が大きくなる経過は、ママによって色々です。
小柄な方や大胎妊娠の場合は、お腹がせり出すような感じで大きくなりがちです。

 

 

その分お腹が引き伸ばされるので、しょうがないことなんですね。

 

 

では、妊娠線を予防するにはどうすれば良いのでしょうか?
実は、最小限にとどめる方法が少なからず存在しています。

 

 

それは、なるべく肌に潤いを与えてあげることです。
乾燥などは大敵なので、クリームやオイルなどでマッサージしてあげると良いでしょう。

 

 

大きくなってからは、胸やももなどにも同じケアをしてあげましょう。
それでも妊娠線が出来てしまった場合、中にはがっかりする方もいるかと思います。

 

 

そこで諦めてしまうと台無しになってしまうので、諦めずに実施しましょう。

 

 

妊娠線の予防にオススメのクリーム「ノコア」のAmazon(アマゾン)より安い販売店舗はこちら